家事代行はもったいない/贅沢だ…と罪悪感ある人へ【料金&コスパを解説】

共働き世帯も増え毎日時間に追われた生活の中で感じる雑務の多さ。部屋の散らかりが気になるものの、片付ける時間もない。そんな状況が続くと家事代行を利用したい、利用してみようかな?と考える人もでてくると思います。

ですがそ一方で、自分でもできる家事にお金を払って利用することをもったいないと感じる人も多くいます。

  • それって贅沢?
  • 罪悪感を感じる
  • 料金が気になる
  • コスパはいいの?

と考えると、利用する気にはなりません。

では、家事代行はもったいないから利用しない方がいいのでしょうか?

結論からいうと家事代行は利用者に寄り添って助けてくれる心強いサービスです。

この記事では家事代行を利用するのは本当にもったいないのかどうか?が気になっている人にとって「家事代行サービス」を利用する価値をわかりやすく解説していきます。

家事代行がもったいない/贅沢だ…と感じて使わない人は多い

生活する上でどうしても避けて通ることができない家事。

掃除、洗濯、食事の支度。

好きでなくても得意でなくても、時間に余裕があればそれなりに片付けることはできるはず。

でも、共働き世帯で特に小さい子供がいると、家事をこなすための時間などありません(泣)!!と困っている家庭も多いのが現状でしょう。

だからといって「じゃあ家事代行サービスを利用することにしよう!」とならないのはなぜでしょう??

共働きママ

お金を払って家事をお願いするって…。それって何だかもったいない気がする。それにちょっと贅沢なんじゃないかしら?

もしかしたら、そんな思いを抱えているのかも知れません。

お金を払って家事をしてもらうのは贅沢なこと?

家事代行サービスを利用するときにかかる費用が高いと感じているから贅沢かも?と思ってしまうのでしょう。

人がモノの購入やサービスの提供を受ける時にお金を支払いますよね。

その時の基準は

  • これはお得だから即決!
  • このくらいなら妥当かな?
  • 高いけどずっと前から欲しかったし…ええいっっ決めた!

などお金≦価値になっているからだと思います。

「家事は難しいものではなく、誰でもできるもの」という考えだと、家事代行にお金を払うのはもったいないし、贅沢だと感じてしまいます。

人に家事を頼むことに罪悪感を感じる

共働きママ

やっぱりお給料を家事代行に使うのはもったいない気がする…。もうちょっと何か工夫したら頼まなくてもいいかも知れないし。

子育て世代の共働き世帯は、夫婦お互いの収入を合わせて家計費にあてている家庭がほとんどでしょう。

住宅ローン、教育費、貯蓄、それから、たまにはお出掛けだってしたい。そのために働いたお金をまわしていくのに、そのために働いているのに、それを家事代行に使うなんて、やっぱり「もったいない気がする」と感じてしまいます。

真面目で一生懸命であればあるほど「自分たちで何とかしないと…」との思いが強く、大変な思いをしているのにもかかわらず、そのような罪悪感から家事代行を利用することをためらっているのだと思います。

やっぱりお金がもったいない

  • 余計な出費のような気がする
  • 本当に頼む価値はあるの?

もったいないし、贅沢だと思うし、できることをお金をかけて人に頼むなんて、と価値≦お金の思考ではやはり家事代行を使ってみようとはなりません。

そう、気になるのは家事代行にかかる「お金」。

お金なんです。

そりゃそうですよね。楽して得たお金ではないのですから、使うならそこに価値を見出さなければ意味も何もありません。

ただし、もったいない、贅沢、などの思考にとらわれて実際にかかる料金も知らずに家事代行を頼むことに価値を見出せないのはそれこそもったいないのでは?と思います。

イメージだけで判断せずに、まず知ることからはじめてみましょう。

家事代行を使ってみた人の感想・口コミ4つ

もったいない、贅沢、罪悪感…そこにとらわれていては前に進めません。

まずは一旦そのとらわれている思いを脇に置いておいて(ヨッコイショ)、実際に家事代行を使ってみた人の感想を聞いてみましょう。

答えを出すのはそれからでもいいと思います。

①思ったより費用がかからなかった

家事代行といっても色々なサイトがありますが、大きくを分けるとふたつ。

  • スタッフが会社に雇われている
  • プラットフォームを利用して個人で働いている

かかる費用の面からいうと、プラットフォームを利用して働いているスタッフに依頼する方が金額を抑えて利用することができます。

みのり

これは直接家事代行スタッフとのやり取りになるため余計なコストがかからない仕組みになっています。

②自分でやるより仕上がりがきれい

これはお掃除を依頼した多くの人が感想として挙げています。

  • カラン(蛇口)のくもりがとれてが光ってる!
  • 全体的に明るくなったみたい♪
  • 苦手な排水口がこんなにきれいになってる。うれしい…。
  • この油汚れどうやって落としたんですか?

など完成度に感動される方も多く中にはこんな方も。

依頼者さん

窓や鏡をくもりなくきれいに仕上げるのは私にはできないので、家事代行を利用しています。やっぱり、自分でやるのと拭き後(線)が残ってしまうんです。

お掃除をお願いした日は、必ず帰宅後の夫から「今日頼んだでしょ?」と言われます(笑)

➂自分では思いつかない方法(掃除のやり方、料理のコツ)を知ることができた

お掃除は特に難しいことではないのですが、コツはあります。

例えば床に散らかったおもちゃの場合、掃除機掛けをするためにまず移動します。

その時にあらかじめグループ分け(本、ぬいぐるみ、ブロック、など)をしながら移動しておくと、後で所定の位置に戻す時間が若干短縮されます。

お料理も煮込むものを先に火にかけている間に他のメニューの野菜を切る、野菜も時短にする切り方、鶏肉も筋切りをすると身が縮まない、など便利なやり方は沢山あります。

苦手だなと感じていて、ちょっと教えてもらいたいと思っていることがあるなら聞いてみましょう。きっと快く教えてくれるはずです。

みのり

個人的見解ではありますが、家事代行サービスを仕事にしている人は比較的「やってあげたい(お節介??)」気持ちが強いような気がします。聞かれると結構ニコニコして教えてくれると思いますよ。

ちなみに掃除が得意なひとはどんな順番で進めていくのでしょう?【片付けと掃除はどちらが先?】の記事で詳しく解説しています。↓

④リラックスする時間ができた

いくら若くても、体力に自信があっても、疲れないわけはありません。

忙しい→疲れる→イライラする→気持ちに余裕がなくなる→怒りっぽくなる、と負のスパイラルに落ちてしまいます。

ゆとりをもつことは本当に大切であり、必要だと思います

家事代行を利用することでできた時間はぜひリラックスすることに使ってほしいと思います。

  • お気に入りのアロマの香りに包まれてバスタブにゆっくり浸かる
  • こどもとの遊び時間にあてる
  • 温かいお茶を飲んでほっこりする
  • 晩酌をしながら夫婦水入らずで過ごす

など、自分にとってのご褒美時間にあてて活力を充電しましょう。

ちなみにあなたが好きなお茶はコーヒー、紅茶、日本茶?たまには抹茶で一息いれてみるのはいかがですか?【抹茶は溶けない?】の記事でおいしく飲むコツを紹介しています。↓

それから自宅で手軽に美味しい本格ドリップコーヒーを楽しんでみるのもいいですね。コーヒーだけではなく紅茶やお茶も品揃えが充実しています♪↓

家事代行を安い料金で利用する方法とは?使い方2種類

スポット利用

まずは「1回利用してみる」という使い方です。

家事代行サービスの会社は「定期のみ」の扱いしかない会社もありますので、よくサイトの内容を確認しましょう。

「タスカジ」や「Cazy」は、単発利用が可能です。まずは、比較的安い値段で利用できるサイトを使ってみましょう。

例:タスカジ
  • 1時間1500円~(スポットは1750円~)但し利用時間は3時間から。(また、定期利用を受け付けているスタッフもいます)
  • 家事代行サービススタッフの交通費は依頼者さん(あなた)負担
  • スタッフによってやってくれる作業はそれぞれ。詳細はプロフィールを参考に♪
みのり

①お願いしたいスタッフのカレンダーの〇印のところから依頼をします。(依頼項目に印をつけて、大まかな内容を記入します。例:掃除 水回り:キッチン、トイレ2か所、浴室。詳細:浴室のカビ、キッチンのシンクのくすみが気になるのでそこをお願いしたいです。など)

②スタッフから受ける(場合によっては「お断り」もあります)の返信が48時間以内に届きます。

➂詳細はサイト内のメッセージでやり取りを行います。(この時に依頼内容を詳しく伝えると作業効率がよくなり、希望する仕上がりにしてもらえると思いますよ)

万が一頼みたいスタッフのカレンダーが✖だった場合でも、実施日3日前限定になりますがカレンダー上の✖マークが【募】に変更され指名募集というシステムが使えます。(注:但し、全てのスタッフに共通しているわけではなく、システムの設定を許可しているスタッフのみとなります)

また、スタッフを指名せず「この日にお掃除できるスタッフさんはいませんか」という募集をこちらからかけることも可能です。

都合が合えば依頼成立となるので急に頼みたい!となった時には便利なシステムです。(依頼成立前にメッセージでのやりとりもできるようになりました:2023.9より)

定期利用

決まったスタッフに定期的に通ってもらう利用法です。(ベアーズ、東京かあさん、など。)

サイトによって利用価格に差があります。

価格が高いサイトは研修に力を入れているので、スタッフのスキルもよいと判断しても間違いないでしょう。(スキルのあるスタッフを提供したいとなると、それなりに経費もかかるということですね)

但し、スタッフとして登録している人は必ずしも1ヵ所だけではなく複数の家事代行サービスに登録している人もいるので、価格が安いからスタッフの質が劣るとは一概にはいえません

このスタッフに毎回お願いしたい、と思ったらスポットで依頼をするよりも定期利用の方が利用料金を安く抑えることができます。

「もったいない」と感じなくなった!お得な家事代行のサイト2つ

タスカジ(スポット、定期利用どちらも可)

家事代行サービスのプラットフォームを利用して家事代行を依頼するマッチングシステムです。

利用する際には「登録」が必要です。(スタッフも同じようにタスカジに登録をしています)

詳細のやり取りは依頼者さん(あなた)とタスカジに登録したスタッフ双方で行います。システムにおいての不明な点はタスカジサイトに質問をするといいでしょう。(簡単なことであればスタッフでも対応してくれるとは思いますが正確性を重視するのであればサイトに直接問合わせた方がベストです)

どんな依頼ができるの?

掃除、整理収納、料理、作り置き、買い物、洗濯、チャイルドケア(保護者同席)、ペットケア(餌やり、ケージの掃除など)

従来のチャイルドケア、ペットケアは2023.10末までとなり、以降は「お子さんのお食事を作る(料理に含まれます)」「ペットのケージの掃除(掃除に含まれます)」と規約が変更されます。

掃除だけ、掃除と料理も、など複数の組み合わせで依頼することもできます。(スタッフが何を受けることができるか「作業」として表示されています。)

詳細はタスカジのサイトをどうぞhttps://taskaji.jp/

東京かあさん(定期利用のみ)

依頼者さん(あなた)と家事代行スタッフの間に運営サイトが入る家事サポートシステムの会社です。スタッフは「○○ママ」と呼ばれ、「依頼者さんの第二のお母さん」というコンセプトのもと運営されています。

どんな依頼ができるの?

掃除、洗濯、家事、整理収納、買い物、料理、作り置き、お子さんの送迎(保育園、塾)、食事、着替えなどのお世話、ペットのお世話(餌やり、お散歩など)

みのり

①まず、ZOOMにて3者(依頼者さん、スタッフ、運営スタッフ)による「お見合い(顔合わせ)」をして、ご要望を聞いたり具体的に打ち合わせをします。(曜日、時間帯、1回あたりの作業時間、作業内容など。選択するコースによってひと月あたりの利用代金や時間が決まっているものの、1回あたりの時間数や訪問日を隔週にするなど自由に設定することができます。)

②初回は「お試しパック」(30分ほどの直接ヒアリング、実務時間は2時間30分)にて実際にスタッフが作業を実施し、工程、仕上がりなどの確認をしてもらいます。

➂「このスタッフさんにお願いしたい」となれば依頼成立となり、定期でのご利用がスタートします。

東京かあさん利用のメリットとして…

家事代行とベビーシッターは別物なので「家事代行のみ」をうたっているサイト(タスカジなど)はお子さんのお世話をすることができません。

となると、小さなお子さんがいる家庭でお世話をお願いしたいとなると、それぞれのサイト(家事代行サービスとベビーシッターサービス)を利用しなければなりません。

その点東京かあさんは家事も育児も担ってくれるまさに「かゆい所に手が届く」便利なサービスを提供している家事代行サービスだと思います。

【まとめ】それでも家事代行はもったいない?贅沢だと思う??

いかがでしたか?

今回は家事代行を利用するのは本当にもったいないのか?贅沢だと思ってしまう理由、罪悪感を抱いてしまう気持ち、気になる料金、コスパについて解説しました。

あらためて結論をいうと家事代行は利用者に寄り添って助けてくれる心強いサービスです。利用金額もそれほど高額ではないため、気楽に依頼する人も少しづつ増えています

まず一度利用することで実際どこまでやってくれるのか、仕上がりに対してコスパがいいと思えるのかどうかが具体的にわかるので、「家事代行を使う」「使わないで何とか自分たちで工夫してみる」と、この先の方向性を決められます。すると、もう贅沢だとか罪悪感を感じることからは解放されるはずです。

共働き夫婦は互いに仕事をしているのだから、家事も同じように分担すれば家事代行を頼まなくてもいいという考え方は、あながち間違いともいえません。

しかし、現実はどうでしょう。

  • やるって言ったのに、やってくれない
  • 急な残業、仕事の予定が期日通りに終わらない
  • 子どもが急に熱をだした

などなかなか予定通りにいかないこともあるでしょう。そんな時は自分のためだけに使うという考え方ではなく家族のために家事代行を使うという思考に切り替えて利用してみるのもひとつの手です。

自分でもできる家事ですが、時間の捻出や体力には限界があります。

家族みんなが豊かな気持ちで幸せに暮らせることがいちばんです。そのための賢い選択として家事代行サービスを利用してみませんか。